スポンサーリンク

2014年08月26日

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 叛逆の物語について


映画を遅れながらも昨日拝見させて頂きました。
鹿目まどかが前作では自分が「円環の理」となって、全ての魔女を開放させた。

本作品は魔女が存在しない世界となり、ほむら目線となった物語となっている。

マミを食い殺した、ベベという魔女がマミの友達となっていたり、ほむら自身の
時間をとめる能力がまどかの弓と矢だったります。

アニメーションは期待通りの内容となり、話も複雑で面白い。

最後にはちゃんとマドカも登場してくれるので、マドカファンに関しても至れりつくせりですね(^^

次回作があるような終わり方だったし、楽しみですね♪



高いけど、マミさん可愛いですね♪


オリジナルアニメ関係の記事へ戻る
アニメ一押しのトップページへ戻る


posted by aidfn91 at 14:41| Comment(0) | オリジナルアニメ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。