スポンサーリンク

2014年08月27日

ハイキュー!! 21話[先輩の実力]のレビュー


セッターが交換した後から21話[先輩の実力]は始まる。

影山→菅原となった・・・

菅原は教科書どおりのプレイスタイルとなり、影山に比べると才能や
技術面では大きく劣ってしまう。

しかし、チームでずーっとやってきたセッターであり、精神的にもチームの
柱となりえる存在。

なにより影山が異型なプレイをするのであれば菅原は正当性のプレイを
行う選手。

[そんな菅原の名言]
-----------------------------------------------------
菅原:だんだん自分の首がしまっていくように感じる。
   でも不思議と落ち着いている、まだ・・集中が濁されていない
   理由はきっと目的がハッキリしているからだ。

影山:自分がベンチが下げられるって事は自分が用済みだといわれた
   と証拠だと思っていた
   実際あの時はそうだったんだと思う、でも!!
   *昔にベンチへ下げれたシーンが流れてる
   
回想シーン〜
菅原:今はお前が後ろに控えてくれている、すごく頼もしい。
〜〜〜〜〜〜

影山:俺と菅原さんが出来る事は違うけど・・たぶん目的は同じだ
   出たい、試合に出たい!
   
菅原:もっとここにいたい、こいつらと一緒にいたい・・・
影山:コートの中の緊張をくれ・・・
菅原:まだ・・こいつらと一緒に戦わせてくれ。
影山:息苦しさをくれ
菅原:ここに立たせてくれ
影山:ボールに触りたい、戦いたい
菅原:自分の手でトスを上げたい

菅原と影山:なんどでも!!
      今目の前の試合に勝ちたい!!

-----------------------------------------------------
上のシーンは音楽も良い(;_;

正直文章だけで伝わるとは思っていないし、自己満足なんだけど
書いている時も感動してしまう・・・
最後の”勝つぞ”鳥肌たちました。

ジャンプ関係の記事へ戻る
アニメ一押しのトップページへ戻る


posted by aidfn91 at 19:49| Comment(0) | ジャンプ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。